プロフィール

紫陽花亭瓶輔

Author:紫陽花亭瓶輔
「清く正しく」より「美味しく楽しく」をモットーに
日夜、不規則正しい糖質制限とアルコール消毒に励む飲んだくれ後期ミュージシャン

目下の関心事:陽だまりのねこ、大衆酒場、コの字カウンター、落語、料理らしきものの捏造、男子投げやり、自炊、糖質制限、人生の断捨離、東京Swallows(順不同)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道えにっき7 旭川の仇を札幌で討つ

弁当を食って、腹ごなしに散歩に出かけるも
あまりの暑さに早々にめげた
なんだ、この灼熱は
どうも、道内で一番暑い場所がここ、旭川らしい

てくてく歩いている脇を、高校生のチャリンコが通り過ぎる
北海道は、もう新学期が始まっているんだ

そして、スタルヒン球場ではパリーグの公式戦が
さすがに地元の人も、今日の暑さは堪えるらしく
「こんな日に野球なんて、観る方もやる方も決死だよ」
なんて言っていた

それでも男性メンバーの多くは
ラーメン屋へ出かけていった
ラーメン屋だって、エアコンレスの店は多いという
う〜ん、すごい

夜の部も客席は超満員
様々な意味で熱いステージに
20時半終演、外に出るとむわっと蒸し暑い
これが本当に梅雨のない北海道なのか?
東京の空気と変わらないじゃないか

バスに乗り込み、一路札幌へ
とりあえず、乾杯

  バスの中で乾杯

23時ホテル着
チェックインもそこそこに、速攻でススキノに繰り出す
仲間が見つけ、目指した店は 豪快居酒屋 舟盛屋

ローカルのチェーン店らしいが
ともかく、昨夜のリベンジに燃えていたのだ

  舟盛屋乾杯  舟盛屋システム  舟盛
今宵もサッポロクラシックで乾杯
一人一人が必ず舟盛を注文しなくてはいけないシステムなので
6人前だとこんなになる

  ラインアップ
今宵のキャスト

本当はかにも必須条件らしいのだが
交渉の末、パスさせてもらった
柔軟な対応に感謝

実は食べログに載っていた冬のメニューを見ると
どうも舟盛りはほとんど不動のメンバーのようなのだが
そうやって比べるのは、野暮だよな

  ラムざんぎ  ホッケ
ラムのざんぎも美味しかったし
ホッケも焦げてなかったし(爆)

さて、ここまで来たら
だるまには表敬訪問しなくては
新しく無煙の店ができたというので、4・4二階亭へ

  だるま  だるま案内  だるまメニュー

  だるまもヒート  だるまテーブル  だるま鍋
店内にはJAZZが流れ、そしてもちろん煙くない!
年々〆のだるまは胃袋には、確かにきつい
それでも糖質制限を始めてからは
不思議とするするとラムが胃の腑へと収まっていく
ラーメンより、よほど健康的だ

27時半、帰還
明日も一日が長いぞ

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:写真日記
ジャンル:日記

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。