プロフィール

Author:紫陽花亭瓶輔
「清く正しく」より「美味しく楽しく」をモットーに
日夜、不規則正しい糖質制限とアルコール消毒に励む飲んだくれ後期ミュージシャン

目下の関心事:陽だまりのねこ、大衆酒場、コの字カウンター、落語、料理らしきものの捏造、男子投げやり、自炊、糖質制限、人生の断捨離、東京Swallows(順不同)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中日

もちろん「ちゅうにち」ではなく「なかび」と読む

ちなみに、名古屋の中日劇場では
打上げパーティーは千穐楽ではなく、中日に行われる

  中日祝

中日祝いに座長から頂いた楽屋見舞いは
大好きなぱーすーらいどーだった orz
この歓びを分かち合いたくて
全部仲間に差し上げた

労働帰りに、ずっと気になっていた
劇場向かいの鶏肉専門店を覗きに行った

  親鶏

おお、親鶏がある!
東京の店頭で親鶏を見たのは、たぶんこれが初めて
ついつい、にやにやとしてしまう
他にもマニアックな商品がたくさん

  鴨切落し  銀皮

鴨の切落しと銀皮もご購入
銀皮とは、砂肝の銀色の捨ててしまう部分だ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:日記というか、雑記というか…
ジャンル:日記

Comment

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

ルバーブさん

ソーセージ、大好きです
ただ、日本のソーセージは
スーパーで売ってるレベルだと
添加物だの大豆蛋白だのでんぷんだのと、まがいものがぎっしり(--;)
「らしい」食材でフェイクをでっち上げるのは日本人の得意技
できたら、ちゃんとドイツで修行したマイスターの作る
ソーセージだけを食べたいもの
…といいつつ、実はギョニソもかつての好物でしたが(^^ゞ
たぶん、そちらのソーセージはちゃんと作られているのでしょうね

ドクターゼロ氏、blog再開しましたね
孔雀は昔ヨーロッパでも食べられていたようですが
今誰も食べないのは、やっぱり美味しくないからなんでしょう
う〜ん、ビミョーに興味湧かない(笑)

沖縄に住む縄文人たち

 近所のお肉屋さんに種類の豊富なソーセージが並んでいます。こういうのに内臓が使われているかもしれません。
 とてもおいしそうなソーセージ、まず茹でて、その後フライパンでさっと焼くんですが、茹でる温度が重要ですね。調理用温度計を買わなければと思いつつそのまま。

 ところでこちらのリンク先のドクターゼロとお仲間、孔雀の羽むしってます。何でも餌にしますね。でも検索したらあまりおいしくはないようです。

まぬーかさん

なるほど

同じ肉食人でも文化は大分違うのですねー

馬肉は、青森・会津・信州・熊本と
4大名産地?がありますが
実は韓国からの輸入物が主流とか…

牛レバーが食べられなくなってしまい
これからは馬レバーがブームになるとのウワサも…

名寄に懇意にしている肉屋さんがありまして
ラムのホルモン(4種の胃袋)が商品化されてます
そちらでは、内臓は廃棄?飼料?
だとしたら、なんだかもったいないですね

ハギス、大いに興味ありですが
どうやらオートミールが入っているようなので
ちょっと危険ですかね(^^;)

けとばしは

 けとばし、何ぞいや?で、調べると馬肉のことなんですね。
いやあ、馬刺って本当においしかった。こちらの人には馬って犬と同じく友達?食べるのかなあ?鹿の放牧はありますがねえ。

 ホルモンというとスコットランド料理の羊の内蔵を使うハギスってのが、スコットランドからの入植者の多いダニーデンの名物にありますが、それ以外はあまり聞いた事ないですね。
 あくまで骨付き肉の塊をローストってのがこちらの食文化のようです。

まぬーかさん

鴨鍋、是非一緒に行きましょう(^^)
行徳に、その専門店があったかと

幸か不幸か、狩りはできないので
捕まえる心配も、捕まる心配もないと思われます

肉文化は、そちらの方がきっと豊かですよね
内蔵系はいかがでしょうか?
けとばしは食べますか?
などなど、興味津々です

ジビエ

 鴨は池にも川にもいますし、道にも歩いてる。でも私は日本の合鴨ロースが食べたいの。自分で作るのではなくて。
 
 イノシシではなくて野ぶたは山に行けばいます、私は見たことないですが。それを丸ごとぐるぐる廻しながら焼くようです。
 
 昔モアというオーストリッチよりもっと大きな飛べない鳥がいましたが、マオリ族に食べられて絶滅しました。
 
 大アホウドリも絶滅しかけましたが、寸前に保護して繁殖させ今
はダニーデンの観光名物。びんすけさんがニュージーに来て、肉が多くてうまそうと狩れば警察に捕まります。

 

まぬーかさん

なるほど…
でも、ラムはラム、鴨は鴨ですかねぇ(笑)
鴨はそちらにはいませんか?
ジビエとかはあるのでしょうか?

マトンステーキ!
LCCが就航して、往復1万か2万で行けるようになったら
買いに行っちゃうかもしれませんね(^^;)

ぶんぶんさん

もう公演は無事千穐楽を打ち上げたのに
日記上は、まだようやく中日です(^^ゞ

中日も、やはり重要な区切りの日のようです
景気のいい頃は、公式非公式に
中日パーティーも華やかでした(遠い目)

銀皮は、にんにくとごま油で炒め
ネギ、ポン酢と黒七味をたっぷりかけて食べるのが好みです

合鴨

 最近はラムステーキを甘めの醤油ベースのソースで食べるのがお気に入りなんですが、なぜ甘めが良いのか、食べながらしばし考察してみると、ラム肉が日本で好きだった合鴨ロースの食感に近いように感じているのではないかしら。私は合鴨ロースを食べたくて甘めのラムを食べているのか?
 
 スーパーでマトンステーキも見つけました。びんすけさんなら嬉々とされるでしょうか。

No title

中日祝というしきたりがあるのですね。
「サウンドビクトリー男声コーラス様」というのがファンの心をくすぐります。

銀皮はお宝ゲットな感じですね^^
やはり焼いて召し上がったのでしょうか。
鶏はいろんな部位が楽しめて美味しいですよね。

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。