プロフィール

Author:紫陽花亭瓶輔
「清く正しく」より「美味しく楽しく」をモットーに
日夜、不規則正しい糖質制限とアルコール消毒に励む飲んだくれ後期ミュージシャン

目下の関心事:陽だまりのねこ、大衆酒場、コの字カウンター、落語、料理らしきものの捏造、男子投げやり、自炊、糖質制限、人生の断捨離、東京Swallows(順不同)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジリジリ

ようやく山を越え、川を飛び越え、竹を渡って、峠を…
って、なんのこっちゃ

一昨日、劇場公演は千穐楽を迎え
終盤、同時進行だった〆切もやっつけて
打上げやらイベントやらで
アルコール水溶液の中に
ぷわぷわ浮かんでいる脳みその溶け具合も
また心地よい、久しぶりののんびりとした朝

買い物に出かけた
日なたを数m歩いただけで
背中がジリジリと焼けてくるような感覚
これって、どこかで味わった感覚…
と、ぽにょな頭で考えてみると
20数年前のエジプトの夏の陽射しを思い出した
あの時ガイドに言われたっけ
「お前らラッキーだ、先週は40℃越えてたんだぞ」

ああ、居ながらにしてエジプト気分が味わえる幸せ
って、東京は熱帯に引っ越したのか?
何しろ、ここ数日は朝8時前に
すでに30℃を越えているのだという

泊まったホテルはカイロ近郊のギザにあり
窓からピラミッドが見えた
陽射しは強烈だが、湿度がほとんどないので
木陰に入ると涼しさを感じた
ギザは砂漠の街なので
日が沈むと急に気温が下がる
夜は20℃くらいになり
野外で飲んだステラビールは、それは美味しかった

それに比べて、この東京砂漠の鬱陶しさといったら…
ああ、あなたが入れ歯、陽はまた昇る

久しぶりに、小竹向原のモロッコ料理屋
「みなみ」に行きたくなった
スポンサーサイト

テーマ:ぶつくさ
ジャンル:日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。