プロフィール

紫陽花亭瓶輔

Author:紫陽花亭瓶輔
「清く正しく」より「美味しく楽しく」をモットーに
日夜、不規則正しい糖質制限とアルコール消毒に励む飲んだくれ後期ミュージシャン

目下の関心事:陽だまりのねこ、大衆酒場、コの字カウンター、落語、料理らしきものの捏造、男子投げやり、自炊、糖質制限、人生の断捨離、東京Swallows(順不同)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暦はもう少しで今月も終わりですね

今朝はどうやら、ー7℃まで下がったようで
一日中氷点下、居ながらにして北海道気分
エアコンのない部屋は全部冷蔵庫になる便利な郡山でございます
でも、もうビール冷やしても飲めないし

あれ程愛おしかったビールも日本酒も
今は滅多に口にしない
人間変われば変わるもの
でも、変われば変わるといえば、福島

目に見える景色は変わらないのに
あの日を境にフクシマ呼ばわりされるようになってしまった



こんなもの、線量計が各家庭にあるのが今の日常なんですね
放射線も水のように凍ってくれたら始末も楽なのに
山手線のように雪で止まれば一段落もつけるのに
持って行き様のない汚染土も、気持ちも
どこに捨てたらいいのでしょうか?

福島の米が売れない、と昨日のニュース
それは困る、可哀想、風評だ、皆で怒れ
でも、ウチは怖いから県産米は買わないわ
そう思う自分を責めるフクシマ県民

交付金にも無縁だった郡山の民は
一人8マンエンで手を打てという
ちなみにお子さまは40マンエン
シワヨセなら手を叩こうという
それはそれは高級なジョークなのでしょうか?

福島にはほんとうの空がある
そう言ったのは林芙美子
ほんとうの空、もう我らの世代が生きてるうちは
戻ってこないんでしょうね
その代わりに使い途の無くなった地面なら
いくらでもあるのがフクシマの強味

原発推進派の連中、もとい皆様の邸宅も
何の産業もない過疎地の首長や議員を
札束で感覚マヒにさせた電気屋さんのお偉いさんや
霞が関や永田町のお偉いさんのおうちも
ぜーんぶ阿武隈の母のように深い懐で引き受けましょうや
店賃なんて野暮は申しません
もちろん、新鮮な野菜も米も肉も
地場産をハラ一杯召し上がって頂きます

ついでに国会議事堂もおっ立てて
風通しの良い仮設議員宿舎も
突貫工事で作って差し上げましょうや
突貫なので断熱材は入りませんが
頭寒足熱
頭に血がのぼっても冷やすのはもってこいの環境で
それはご立派なマツリゴトができること
請け合いだと思うのですが

だって、放射線ホルミシス効果によれば
むしろ少量の放射能は体に有益どころか
百薬の長なんだそうですから

あ、そうしたらラドン温泉も引かなくちゃですね

今日は一日静かに雪ふりつむ中通りでございます
スポンサーサイト

テーマ:今日のつぶやき。
ジャンル:日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。