プロフィール

紫陽花亭瓶輔

Author:紫陽花亭瓶輔
「清く正しく」より「美味しく楽しく」をモットーに
日夜、不規則正しい糖質制限とアルコール消毒に励む飲んだくれ後期ミュージシャン

目下の関心事:陽だまりのねこ、大衆酒場、コの字カウンター、落語、料理らしきものの捏造、男子投げやり、自炊、糖質制限、人生の断捨離、東京Swallows(順不同)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋色の光が丘公園

拙宅から歩いて15分ほどのところにある光が丘公園
戦前は陸軍成増飛行場だった
戦後接収され、進駐軍の将校住宅地となり
18代大統領グラント将軍にちなみ、グラントハイツと呼ばれていた
1973年に全面返還され、今では都内有数の公園になった

銀杏並木もすっかり色づいてきたので
ひさしぶりに徘徊してみた

アプローチの銀杏並木

  銀杏並木  銀杏並木2  銀杏


ちょうど、こんな催事もやっていて

  地酒祭

ここでクサヤを焼いてもらい

  八丈島直売ショップ  くさや

こんなところで八丈の焼酎が飲めるのだが、今日は眺めるだけ

  酒処  酒処2

徘徊を続けよう

  光が丘徘徊  光が丘徘徊2  光が丘徘徊3

  光が丘徘徊4  光が丘徘徊5  光が丘徘徊6

桜の隠れた名所も、今はこんな風情に

  桜  桜2  桜3



スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ
ジャンル:日記

圓丈師はえらい

家元に浸る家元三昧の一日だったが
飲みながら「粋ダネ!」のちょいとばかし以前の録画を見ていた

   BS11 粋ダネ! 

土曜の晩に、ほとんど誰も知らない放送局が
人知れずやっているトーク番組だ
今年の秋からは、ゲストが落語家ばかりになり
最近やたらと増えている落語番組の一つになった

今夜見た回のゲストは三遊亭圓丈師
この番組はトーク前に平気でゲストとビールで乾杯したりする
師匠は酒をたしなまないから、とお茶とお菓子が並んだが
糖尿気味だと言って
用意された栗きんとん(大きさからいってすや?)を1/4しか食べなかった
酒も飲まないが、甘い物も食べないという
しかも、主食も抜いているという
そうか、糖質制限してるんだ
その単語はご存知ない様子だったが、主治医からも奨められているとのこと

ホステス役(横丁の女将)の魚住りえは「でんぷんダイエットですか?」
みたいなことを言っていたが、糖質制限くらい勉強しときなさい

と、感心していたら、毎朝バナナを2本食べてるとか
あれれ?
師匠、バナナはでんぷん食品ですよ

ちなみにこの番組、ゲストは2週続けて出演する
翌週のオンエアでは「師匠は狛犬マニアなので」と
ウケ狙いの狛犬サブレが出されたが
圓丈師、なんだかんだはぐらかしながら
結局口をつけなかった(ようだ)

家元を巡る報道の中で「糖尿の悪化」という言葉が気になっている
がんばかりクローズアップされているので詳細不明だが
きっとカロリー制限すらろくすっぽしてなかったに違いない

その点、圓丈師はえらい
さすが、いずれは圓生の名跡を継ぐ??? かもしれない噺家だ
出ることもないだろうけど
秘密のケンミンショーにだけは出演してほしくない

テーマ:落語
ジャンル:お笑い

談志が死んだ

タイムリーにしては、あまりに早過ぎる追悼本
…ではなく、すでに8年前に出版されている本だ

  談志が死んだ  談志が死んだ 裏

以前読んだ記憶があったので
家の中をおざなりに探してみたが見つからなかった
血眼になって探しても多分見つかるまい
そうやってうっかり買っちまうドジも時にしてしまうのだが
残念ながら今は絶版のようで、買うこともできない貴重本だ
(でも、きっと復活増刷するのではないか?)

 当時、いやもっと以前から
 家元自身は、この回文を気に入っていて
 あちこちでネタにしていた
 死因は「ふとした病い」がいいんだ、とも
 それを弟子達がまたネタにし
 「ふとした病い」ではなくて「天罰」だろ
 と、盛り上がるのである

図書館に予約を入れたら、意外にも借り手がいなかったようで
すぐに借りることができた
自炊したいのはヤマヤマだが、それは御法度ですね

まさに、読み時が来た!
今、これを読まずして… と言える本なのである

さらに、まさにというタイミングで
家元から二度破門された唯一の噺家・ブラック師の落語会があり
その予約も取ることができた

たまたま在宅していたので
ふだんは見ないワイドショーも片っ端から録画し
貴重な談志関連映像を集めることができた
それができたことは幸運だったが
問題は、その「たまたま」が当分続くことであるorz

そんな訳で、個人的家元追悼企画は粛々と進行中だ

テーマ:落語
ジャンル:お笑い

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。