プロフィール

Author:紫陽花亭瓶輔
「清く正しく」より「美味しく楽しく」をモットーに
日夜、不規則正しい糖質制限とアルコール消毒に励む飲んだくれ後期ミュージシャン

目下の関心事:陽だまりのねこ、大衆酒場、コの字カウンター、落語、料理らしきものの捏造、男子投げやり、自炊、糖質制限、人生の断捨離、東京Swallows(順不同)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラ・餃ザニア

干豆腐をかんすい(重曹&塩で代用)で戻し
柔らかくするミッションがなかなか進展しない
どうも、思うようなしなやかさに戻せないのだ
魂胆の一つとして、それで餃子を捏造したいと思っているんだが
だったら、ラザニアみたいにして焼いたらどうか
と、手抜きでおいしく(願望)を思いついた

干豆腐を使った餃子は今までに何度か捏造したけれど
なかなか満足レベルに達することがなかった
そこで発想の転換

 ラ・餃子ニア1 ラ・餃子ニア2

…だったのだが、結果論としては「文挟」?
つまりはイマイチの手前の手前
トッピングの分はブレンダーで砕いてみたり
小細工は労してみたモノの
なんだか雪の玉を二つ並べて
これは雪だるまが眠っているところだ
と言い訳しているような出来映えになった

 鶏皮餃子

余った「あん」は鶏皮で包んでリベンジ
これはうまくいった、というか
すでに世間で定番になっている調理法だ

う〜ん、「のようなもの」は捏造できるかもしれないが
やはり餃子の醍醐味は、あの皮のモチモチ感だよな
これは干豆腐にはちょっとできない相談なので
その辺をどうするか、が課題だな
中国ゆばを使うって手もあるが

 入学式

花見がてら散歩に出かけると
近所の学校では入学式が行われていた
桜が間に合ってよかったね

 光が丘病院

 桜1 桜2 桜3

ニュースで有名?になった病院の周囲も、満開
赤字を理由に撤退した某大学の問題なのか
お役所仕事の問題なのか
なんだか患者が置き去りにされたまま
責任のなすり合いをしていたような印象なのだが

元はと言えば、区の医師会が作った病院ではなかったのか?
そこが経営破綻したために大学病院に移管されたはずだ
つまりは、もう2度目の責任転嫁、3度目の掃除機
新任の医師は目標の半分程度しか集められなかったようで
その吸引力には疑問符がつくようだ
スポンサーサイト

テーマ:おうちごはん
ジャンル:グルメ

もひとつ、一年前 干豆腐編

総入れ歯、もとい そういえば
干豆腐を「かんすい」で戻す、というミッションがあったっけ

ふだんは、干豆腐も豆腐干絲も約3分うでるだけ
自分的にはOKなので、それはそれ
しかし、メーカーによっては匂いが気になる品物もあり
苦手な人には「これダメ」ってレベルの匂いもあるかもしれない

「梅花」の梅橋さんからも
「干豆腐の戻し方はなかなか複雑で」という話も伺っていた
ちなみに「梅花」では豆腐麺(茹で麺)と大豆麺(焼きそば用)を
使い分けているようだ

ただ、かんすいは素人には手に入れにくい
そこで、かんすいの代用として重曹で戻す
そんな話を以前していたはずだが…
と、過去Blogを調べてみたら
なんとなんと! くりびつのてんぎょう
震災の当日、その直前までその話をしていたのだった
 → その時のやりとり

もちろん、その後それどころではなくなり
干豆腐も数ヶ月は買わなかった記憶がある
そのうちに、そんなことも忘れてしまい…

  閑話休題:
  命からがらの状況で、食のクオリティを問うことは
  ひょっとしたら不謹慎? 非国民? なのかもしれないが
  もしも避難所暮らしを余儀なくされた時
  あの炭水化物まみれの食事はどうしたらいいのか…?
  アレルギーの子供だって
  病気によって食事に制限のある人だっている
  そういう意味では、糖質代謝異常は
  米アレルギー、小麦アレルギーに過ぎない
  でも、避難所生活で配られているモノは
  特に初期はひたすら炭水化物だった
  
  そんなことを、あの時考えていたっけ

前置きが長くなった

ってことで、一年経ってようやく実験
参考にしたページは → こちら と こちら

300ccの水に重曹小さじ2,塩大さじ2を入れ
沸騰させて溶かし、細切りした干豆腐を投入
いつものように3分加熱したら…
あ〜ら大変、あのごわごわ感が消え
さらに通り越して、よく言えば非常にのどごしの良い
別の言い方をすればアルデンテ一歩向の素麺のように
もっとも、フェットチーネを想定していたので
素麺ではなくきしめんになってしまった

  かんすい

いや、それはそれで福音的発見ではあったのだが
実は、そいつを使ってナポリタンを捏造する目論みだったので
パスタの代わりにはならない代物ができあがってしまった

ってことで、急遽予定を変更して
冷やしなめこきしめんにして胃の腑に収めることにした

干豆腐でこの食感が得られるとは
ってことは、豆腐干絲はかん水処理されてるってことか?

この実験、その後何度か試行錯誤を繰り返しているが
まだ「これ」という手順には達していない

ただ、重曹水は一旦冷まし
ぬるま湯状態で入浴させた方がいいようだ

つづく

かしわ南蛮(豆腐干絲)

朝から冷たい雨、寒い
といっても、昨日まで滞在していた郡山に比べればなんてことないのだが
人間なんてワガママだ

ヒガシマルのうどんスープを使って「かしわ南蛮」を捏造した
う〜ん、温まる

  かしわ南蛮

ヒガシマルの製品は、近頃東京や郡山でもふつーに見かけるようになったが
品揃えは微妙に違う
1食分で炭水化物3.3gだから、糖質制限的にも許容範囲だ
「どん兵衛」と同じく東と西でだしの味が違うというウワサも聞くが
パッケージにそれらしき略号は見当たらない
本当のところはどうなんだろう?
今月滋賀に行くので、買って帰ろう

今日はずっと雨が降ったり止んだりらしい
今季初お湯割り決定だな


テーマ:+おうちでごはん+
ジャンル:グルメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。