プロフィール

Author:紫陽花亭瓶輔
「清く正しく」より「美味しく楽しく」をモットーに
日夜、不規則正しい糖質制限とアルコール消毒に励む飲んだくれ後期ミュージシャン

目下の関心事:陽だまりのねこ、大衆酒場、コの字カウンター、落語、料理らしきものの捏造、男子投げやり、自炊、糖質制限、人生の断捨離、東京Swallows(順不同)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今朝のゴーヤカーテン

  朝日を受けて

  ゴーヤ1

ちょっと油断すると

  こっちは朝日と同化しすぎ…

  ゴーヤ2



スポンサーサイト

テーマ:今日の出来事。
ジャンル:日記

コーソパワー?

近所の韓国料理屋へ
「チューボーですよ」に街の巨匠として何度も登場したのがご自慢
その最初の出演時に紹介されたのが、この巨大なチヂミ

  チヂミ  チヂミ2

直径26cm、厚さも1cmを超えるか、という巨大なブツだ
ホントは、今はもうご禁制なのだが
諸事情ゆえにたまには、と箸を伸ばした

  コーソサラダ

黒板に書かれたおすすめメニューは
「ニとこ」「ンとソ」がビミョーだ
キャベツコーソサラダってなんだ?
コーソパワーなのか?

テーマ:韓国料理
ジャンル:グルメ

桜の肖像 2012

今年もご近所の桜を定点観測

 農家1 農家2
すぐご近所の農家にある桜

 駅前 駅前2
駅前の桜のトンネル

 狭間1 狭間2 狭間3
団地の狭間
ここがいちばんのお気に入り

 この木なんのき1 この木なんの木2 この木なんの木3
この木なんの木
ここは新発見
ふだん立ち寄らないエリアなので
ご近所にこんな所があるなんて知らなかった

 公園1 公園2 公園3
隠れた花見の名所、光が丘公園

 老婆 練工
そして以前の住み処の近所
ここの主である老婆は、数年前までは姿を見かけたが
今は廃屋を桜が守っている

 石神井川1 石神井川2 石神井川3
石神井川沿いの桜は、まさに壮観

テーマ:花の写真
ジャンル:写真

秋色の光が丘公園

拙宅から歩いて15分ほどのところにある光が丘公園
戦前は陸軍成増飛行場だった
戦後接収され、進駐軍の将校住宅地となり
18代大統領グラント将軍にちなみ、グラントハイツと呼ばれていた
1973年に全面返還され、今では都内有数の公園になった

銀杏並木もすっかり色づいてきたので
ひさしぶりに徘徊してみた

アプローチの銀杏並木

  銀杏並木  銀杏並木2  銀杏


ちょうど、こんな催事もやっていて

  地酒祭

ここでクサヤを焼いてもらい

  八丈島直売ショップ  くさや

こんなところで八丈の焼酎が飲めるのだが、今日は眺めるだけ

  酒処  酒処2

徘徊を続けよう

  光が丘徘徊  光が丘徘徊2  光が丘徘徊3

  光が丘徘徊4  光が丘徘徊5  光が丘徘徊6

桜の隠れた名所も、今はこんな風情に

  桜  桜2  桜3



テーマ:日々のつれづれ
ジャンル:日記

としまえん、なくなっちゃうの?

としまえんを東京都が買収へ 防災拠点の公園に → スポーツ報知

【東京都が用地取得の方針を固めた「としまえん」(読売新聞社ヘリから)】
 東京都が、西武グループが運営する遊園地「としまえん」(東京都練馬区)の敷地など約22ヘクタールを買い取り、防災拠点の都立公園として整備する方針を固めたことが9日、都などへの取材で分かった。近く公表する「都市計画公園・緑地の整備方針」の改定案に、来年から10年以内に事業着手する「優先整備区域」として盛り込む。

 都は東日本大震災を受け、避難場所の確保が必要と判断。もともとこの敷地については、都は1957年に公園にすることを見越して都市計画を立てており、今後、周辺住民や西武側と話し合いを進める。名前は「練馬城址(じょうし)公園」で、交渉がまとまれば「としまえん」は閉園する可能性が高いという。買収費用の試算は行っていないが、都は「緑の空間を確保し、いつでも利用できる避難場所になる」と話している。

 これに対し、西武グループ側は「都から売却についての詳細を聞いていないのでコメントできない」としている。同グループ幹部によると、「としまえん」はホテルなどと同様に多額の設備投資が必要で、グループ内では同園を閉園し住宅施設などにする案も浮上していた。閉園を前提とした敷地売却については「条件次第」と話した。



西武グループ側は、肯定も否定もしていないようだが
ここまで具体的に計画が進んでいるということは
案外すっと決まっちゃう話なのかもしれない

ずっと歩いても行ける距離に住んでいる紫陽花亭としては
今は行くこともなくなったとはいえ、寂しい話だ

昔は、土日になると西武線の混雑が天と地ほど違っていて
それだけで「あ、今日は週末なのか」とわかったのに
(紫陽花亭、普段は曜日の概念がほぼゼロです)
最近は、そういうこともなくなって
使命が終わった遊園地であることはあきらかだったけどね

小学校に入学して、はじめての遠足が豊島園(当時の名称)だったし
昔はどこからでも見えた夏休みの花火も
いつしかビルの陰に隠れて見えなくなり
ついには防火上の問題から廃止になってしまった

桜の名所でもあり、花見の時期には
夕方から入園料がタダになるのも魅力だった
公園に整備されるのなら、桜の木も無事に残るんだろうな
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。